編集・取材・Web制作のご相談はラユニオンパブリケーションズへ!

【日本人女性監督として初受賞】弊社映像制作部門のSaera Jinがクロアチアのザグレブ・ツアーフィルム映画祭で監督賞を受賞

  • HOME »
  • 【日本人女性監督として初受賞】弊社映像制作部門のSaera Jinがクロアチアのザグレブ・ツアーフィルム映画祭で監督賞を受賞

> English

弊社映像制作部門のSaera Jinがクロアチアのザグレブ・ツアーフィルム映画祭で監督賞を受賞

株式会社ラユニオン・パブリケーションズ・映像制作部門のSaera Jinが監督した、東京観光をPRする映像作品「体味东京 漫步古今 / Strolling Through Tokyo: Where Ancient and Modern Meet」が、「第8回ザグレブ・ツアーフィルム映画祭」の監督賞を受賞しました。

ザグレブ・ツアーフィルム映画祭受賞作品の月桂樹ロゴ

左から審査委員長のBobby Bosko Grubic、在クロアチア日本国大使館の嘉冶美佐子特命全権大使、Saera Jin監督、フェスティバル・ディレクターのSpomenka Saraga

「ザグレブ・ツアーフィルム映画祭(ZAGREB TOURFILM FESTIVAL)」は、世界18の観光プロモーション映画祭を統括する「国際観光映画祭委員会(The International Committee of Tourism film Festivals)」の会員映画祭として、2012年に創設された観光PR映像の祭典。世界各国の観光プロモーションに関わる映画・映像・キャンペーンのなかから優れた作品が選出されます。

今回「第8回ザグレブ・ツアーフィルム映画祭」には、世界41カ国から300を超える作品が寄せられ、審査の結果、弊社映像製作部門のSaera Jinが、東京観光をPRする映像作品「体味东京 漫步古今 / Strolling Through Tokyo: Where Ancient and Modern Meet」によって、日本人女性監督として初となる「監督賞 (Director’s Award)」を受賞しました。

作品のワンシーン
「体味东京 漫步古今 / Strolling Through Tokyo: Where Ancient and Modern Meet」(潮日本(チャオリーベン)サイト)

【作品について】
中国語題(簡体字):「体味东京 漫步古今」
(英題:Strolling Through Tokyo: Where Ancient and Modern Meet)
監督:Saera Jin
制作:2018年/ 約7分/ 中国語

受賞作「体味东京 漫步古今 / Strolling Through Tokyo: Where Ancient and Modern Meet」は、東京の魅力を中国にPRすることを目的とした映像作品で、株式会社朝日新聞社、東京都および東京都の観光PR を担う(公財)東京観光財団が共同で実施するジョイントプロモーション「Tokyo Tokyo Old meets New」キャンペーンのため、ラユニオン・パブリケーションズが制作を担当したものです。作品には、中国と日本で人気の女性芸能人、龍夢柔(ロン・モンロウ)さんも出演しており、中国のSNSや動画サイトにおいて、配信1カ月で再生回数が280万回を突破しました。

授賞式は2019 年 10 月 11日(金)、クロアチア首都・ザグレブ市内の五つ星ホテル「エスプラネード・ザグレブ・ホテル(Esplanade Zagreb Hotel)」で世界各国150名のゲストを迎えて開催。在クロアチア日本国大使館からは、Saera Jin監督の受賞を祝って嘉冶美佐子特命全権大使が出席されました。

受賞者の集合写真

授賞式の模様

フェスティバル・ディレクターのSpomenka Saragaからトロフィーを授与されるSaera Jin監督

会場には、在クロアチアスペイン大使、トルコ大使、アゼルバイジャン大使など各国の大使が参加

監督について

Saera Jin(神 沙絵良)
東京出身。10代でイギリスに渡り、ロンドン芸術大学でファッションフォトグラフィーを専攻。東京とロンドンを拠点にVogue、Marie Claireなどのファッション誌で活動した後、動画制作に移行。イギリスのレインダンス映画学校、ブルネル大学大学院で映画制作を学ぶ。2013年、2014年のカンヌ国際映画祭ショートフィルムコーナーに出品。イギリスのASFF短編映画祭でベストコメディー賞にノミネート。

【その他の観光動画実績】

小田急電鉄「ムスリムツーリズムプロモーション用ビデオ」

小田急ロマンスカー「江の島・鎌倉 あじさい散歩」

ご取材、撮影、制作依頼などに関するお問い合わせは下記までご連絡ください。

お問い合わせフォーム
担当:表 純平(おもて・じゅんぺい)
TEL: (03) 3234-9280 FAX: (03)5214-6410
omote@lunion.jp

PAGETOP