03-3234-9280

ワンランク上のコンテンツで企業価値を上げたいならラユニオン。

情報発信の垣根がなくなり
有象無象のメディアであふれる今だからこそ
企業には発信する情報の質が求められています。
ワンランク上のコンテンツで企業価値を上げたいならラユニオン。
あらゆるメディアに精通するコンテンツ制作のプロフェッショナルとして
各社にとって最善の情報発信のカタチをご提案します。

ラユニオンならではの強み

1.すべての制作業務に“必然性”を与える企画力

例えば一本の記事の中の1ワードには、そこにその形であるべき必然性があります。これはブランディング施策などスケールが拡大しても同様で、構成するすべての要素に企画を前に進めるための意図を張り巡らせる必要があります。クライアントの「こうしたい」という要望や、「こうできたら」という願望、あるいは「こうしなければ」という制約など、それらの点と点を無理のない線で結ぶ。そんな誰もが納得できる企画を考案します。

2.バラエティに富んだ要望を実現できる編集力

有識者や企業代表など各界のトップランナーへのインタビュー取材はもちろん、新入・一般社員や学生、地域の方などを取材し、それらを掲載媒体の狙いやターゲットに合わせた記事にして提供します。情報をよりわかりやすく届けるためのデザイン面を含め、最適なカタチに編集してお届けすることをお約束します。

3.あらゆるコンテンツをワンランク上に仕上げる総合力

紙には紙、ウェブにはウェブの特性がありますが、弊社はそれらを早くから会社の両翼と位置づけ、それぞれ独自に専門性を追求してきました。現在ではムービーコンテンツなどにも対応できるほか、インバウンドという切り口も開拓。ワンランク上のコンテンツをワンストップで提供できる。これが弊社の最大の強みです。

こんなお客様の課題を解決に導きます

1.各種ツールや企画が思うような成果につながっていない企業

現状は企画のどこかに無理が生じている可能性があります。狙いやターゲットを明確にし、その意図を全体に波及させることで訴求力が高まります。

2.クオリティや品格が求められる取材記事を必要とする企業

数多いるライターの中でも、各界のトップランナーへのインタビュー経験が豊富なライターは数えるほど。クライアント企業様の“違い”を際立たせます。

3.自社に適したメディア戦略を探している企業

紙とウェブが共存している制作会社は稀です。弊社なら、どちらかに偏ることなくフラットな立ち位置から最適なメディア戦略を提案することができます。

お客様に寄り添った対応で高い評価を頂いております

ケース1.ウェブリニューアルとあわせた企業ブランディング

クライアント企業の課題や要望を抽出・吟味し、ウェブリニューアルとあわせた企業ブランディングの最善策を提案。ブランディングの既存メソッドに当てはめるのではなく、課題解決に適した各種施策を複合的に実施し、その結果をウェブリニューアルのみならずそれ以降の制作業務全体に波及させ、企業価値の向上に貢献しています。

ケース2.媒体ごとに最適なコンテンツを提供

各種媒体の目的や狙いにあわせ、企画・取材・ライティング・デザインといった制作のトータル業務に対応。読者にじっくりと読んでもらい、購買やイメージアップといった次の行動につなげるために緻密に構成された記事を作成し、その記事がより理解しやすくなるデザインとともに提供しています。

ほかにも、お客様のニーズにあわせてきめ細やかな対応が可能です。ぜひ一度ご相談ください。

主な実績

【ビジネス誌『プレジデント』等の誌面制作】

一流ビジネス誌の誌面制作を担当して30年超
トータルサポートの利便性に確かな品質も加わります
 詳しくはこちら

【プレジデント社主催『環境フォト・コンテスト』企画・運営】

ページ制作からイベントの企画・設営と事務局運営まで担当
あらゆる制作業務にワンランク上のクオリティをお約束します
 詳しくはこちら

【経産省広報誌『METI Journal』取材・ライティング】

経産省広報誌『METI Journal』のライターとして長年活動
経済界のトップランナーや有識者への取材はお任せください
 詳しくはこちら

【明光義塾広報誌『Meit』取材・ライティング】

有名学習塾が発行する広報誌のライターとして
子どもや教育熱心な保護者向けの記事を多数執筆
 詳しくはこちら

【新国立劇場・広報ツール制作】

新国立劇場の広報ツールを20年以上制作
舞台芸術発信に関する造詣の深さも強みの一つです
 詳しくはこちら

【単行本『大人の観劇』シリーズ 成美堂出版】

大人の学び直しに必読の単行本を多数制作
過不足ない情報量と品格の両立を実現します
 詳しくはこちら

お問い合わせ

詳細な内容、御見積に関しましては、お気軽にお問い合わせください。
Contact